イベント

イベント

SOFC材料研究についての学会発表で4度目の奨励賞を受賞

2021年3月1日 13時23分

水素社会実現を担う固体酸化物形燃料電池(SOFC)の社会実装研究についての学会発表で4度目の奨励賞を受賞
 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科 化学・生物コースの伊藤滋啓准教授(発表者)、佐藤貴哉教授らは、これまでの研究成果をもとに新規合成した混合伝導体酸化物BIMZOを固体酸化物形燃料電池(SOFC)のアノード助触媒として使用することで、アノード層内に反応活性サイトを形成し性能を向上させたほか、性能向上に起因したアノード反応活性サイトの在り方をコンピュータシミュレーションにより明らかにした。今後の燃料電池の材料設計の指針となる大きな成果である。
 伊藤准教授は、これらの内容を昨年12月にオンラインで開催された第30回日本MRS年次大会で発表し、奨励賞を受賞した。本賞は、日本MRSが年次大会において優秀な発表をした40歳未満の若手研究者及び学生を表彰するもので、表彰候補者のうち受賞者はわずか10%程度という大変栄誉のある賞であり、伊藤准教授にとっては4度目の受賞となる快挙である。
 本研究は、鶴岡高専と物質・材料研究機構(NIMS)との間に締結されたMoUに基づき、伊藤准教授がNIMSへ派遣された2年間の研究成果(2016年度にRSC Advancesへ掲載、2019年度に ACS Applied Energy Materialsへ掲載。いずれも国立高専研究情報ポータルにて公表)を、さらに深めたチャレンジングな研究であり、燃料電池研究における材料設計の新たな指針を打ち出したものであるとともに、伊藤准教授のNIMSへの派遣期間終了後に、2018年度から2020年度の3年間にわたって、教員及び学生のNIMSへの派遣を支援するNIMS連携拠点推進制度により実施された協働研究成果をまとめたものである。

発表テーマ名(日本語):「欠陥構造シミュレーションを用いたSOFCアノード層への酸化物助触媒添加による活性サイトの設計」

発表テーマ名(英語):「Design of active site on anode by adding oxide promoter into SOFC anode layer using the defect structure simulation」



図

ポスター
ポスター

表彰状
表彰状



高専 新技術説明会(2020/12/17)を開催します!

2020年12月11日 13時57分

 令和2年12月17日(木)Zoomビデオウェビナーにて、独立行政法人国立高等専門学校機構、国立研究開発法人科学技術振興機構の主催により、「高専 新技術説明会」をオンライン開催します。
 高専発のライセンス可能な特許(未公開出願を含む)を5件発表します。発明者自身が、企業関係者を対象に実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募ります。

 この新技術説明会は、多くの企業関係者に参加いただき、共同研究及び技術移転に役立てることを目的としていまので、是非ご視聴頂けますようご案内申し上げます。


   日時 : 令和2年12月17日(木) 13:25~15:55

   会場 : Zoomビデオウェビナーによるオンライン開催

   主催 : 独立行政法人国立高等専門学校機構

        国立研究開発法人科学技術振興機構

   
【JSTのWEBサイト】 ← 視聴申込はこちらから!
 https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/kosen-k/2020_kosen-k.html
      
<発表タイトル一覧>
(1)地中レーダとAIによる高精度社会インフラ自動診断システムの開発
   (13:30~ 大分工業高等専門学校 電気電子工学科 教授/木本 智幸)
(2)抗ウィルス、抗菌、抗カビを目指した抗ぬめりコーティング
   (14:00~ 鈴鹿工業高等専門学校 材料工学科 講師/幸後 健)
(3)超省エネ型マイクロ波マグネシウム製錬技術
   (14:30~ 沖縄工業高等専門学校 情報通信システム工学科 教授/藤井 知)
(4)上肢運動モデルの福祉支援機器への応用
   (15:00~ 熊本高等専門学校 制御情報システム工学科 教授/柴里 弘毅)
(5)従来比コスト90%減を目指した塗布型環境エネルギー変換素子の創製
   (15:30~ 小山工業高等専門学校 機械工学科 准教授/加藤 岳仁)

高専 新技術説明会(2019/12/12)を開催します!

2019年11月21日 14時18分

 令和元年12月12日(木)科学技術振興機構JST東京本部別館1Fホールにて、独立行政法人国立高等専門学校機構、国立研究開発法人科学技術振興機構の主催により、「高専 新技術説明会」を開催します。
 高専発のライセンス可能な特許(未公開出願を含む)を5件発表します。発明者自身が、企業関係者を対象に実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募ります。

 この新技術説明会は、多くの企業関係者に参加いただき、共同研究及び技術移転に役立てることを目的としています。説明終了後、個別相談会もございますので、是非ご来場頂けますようご案内申し上げます。


   日時 : 令和元年12月12日(木) 13:30~15:55

   会場 : 科学技術振興機構東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)

   主催 : 独立行政法人国立高等専門学校機構

        国立研究開発法人科学技術振興機構

   後援 : 特許庁、関東経済産業局


【JSTのWEBサイト】 ← 参加申込・個別相談予約はこちらから!
 https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/kosen-k/2019_kosen-k.html
     
<発表タイトル一覧>
(1)高電圧極短パルスと低電圧長パルスの組み合わせによる遺伝子導入技術
   (13:30~ 有明工業高等専門学校 創造工学科 教授/河野 晋)
(2)生産性向上の実現とロボット搭載型無人搬送車システム
   (14:00~ 北九州工業高等専門学校 生産デザイン工学科 教授/久池井 茂)
(3)“琉れん草”有効成分を活用したサプリメント開発とその商品化
   (沖縄生物資源の産業応用)
   (14:30~ 沖縄工業高等専門学校 生物資源工学科 教授/池松 真也)
(4)磁性メソポーラス炭素吸着材および磁性固体酸触媒
   (15:00~ 津山工業高等専門学校 総合理工学科 機械システム系 准教授/山口 大造)
(5)有機ポリスルフィドの新規合成法を基盤とした高容量密度正極活物質の創製
   (15:30~ 米子工業高等専門学校 物質工学科 准教授/谷藤 尚貴)

エグゼクティブ・ビジネススクールが、Reスキル講座に認定

2019年11月8日 14時30分

 北九州工業高等専門学校、早稲田大学大学院情報生産システム研究科、北九州市を始めとした産学官連携チームで、「第4次産業革命 エグゼクティブ・ビジネススクール」を開講しています。中小製造業のバリューチェーンの高度化・業務革新を推進するため、第4次産業革命に対する経営者の理解、国際標準に準拠した生産管理知識の定着、海外工場で戦力となる人材育成、中小企業の生産性向上を図るものです。

 この講座が、経済産業大臣が認定する制度である「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称:Reスキル講座)に認定されました。IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を認定する制度です。

 なお、本講座は、平成30年度 経済産業省「産学連携デジタルものづくり中核人材育成事業」で開発したカリキュラムに基づいた講座です。

ホームページ:https://www.kct.ac.jp/kigyou/business_school.html

 
               特別講座の様子

北九州3 北九州4
               本講座第1回の様子

講師:久池井 茂(北九州高専 教授)、田中 禎一(熊本高専 教授)、島名 賢児(鹿児島高専 教授)、
   尾形 公一郎(大分高専 准教授)、柳生 義人(佐世保高専 准教授)、
   宮元 章(北九州高専 技術専門職員)ほか

物質・材料研究機構との研究の成果が学術論文雑誌に掲載されました

2019年10月17日 16時21分

社会実装を目指した高性能・安定性を両立させた中温作動型SOFC用アノード反応活性助触媒の関する研究が学術論文雑誌に掲載されました
 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科 化学・生物コースの伊藤滋啓准教授(筆頭著者)、佐藤貴哉教授らはオリジナルに開発した混合伝導体酸化物BIZZOを固体酸化物形燃料電池(SOFC)のアノード助触媒として使用することで、アノード層内に反応活性サイトを形成し性能を向上させ、またBIZZO助触媒を添加することで長時間安定性を可能にすることを明らかとし論文として執筆した。
 この研究成果論文は米国の学術論文雑誌ACS Applied Energy Materialsに2019年07月29日付けで掲載された。本研究は鶴岡高専と物質・材料研究機構(NIMS)との間に締結されたMoUに基づく2年間のNIMSへの派遣時の研究成果(2016年度 伊藤滋啓助教(当時)筆頭著者の研究成果として、RSC Advancesに掲載。あわせて国立高専研究情報ポータルにて公表)を、さらに、社会実装化に向け発展させた内容である。SOFCデバイス内アノード層界面の機能性と安定性の向上を目指し、NIMSへの派遣期間終了後に、2018年度から2019年度の2年間、教員と学生のNIMSへの派遣を支援するNIMS連携拠点推進制度の支援をうけて、実施された協働研究成果をまとめたものである。なお、この成果は2019年度科研費の若手研究の助成にも繋がった。なお、本研究はK-arc内に設置されたCDS連携開発拠点のリサーチアドバイザーである物質・材料研究機構(NIMS)の森利之上席研究員と量子科学研究開発機構(QST)の山本春也上席研究員と協働研究・技術連携して行われたものである。
(論文は下記URLに掲載されており、概要を閲覧できます)

論文タイトル:「Design of active site at hetero-interface between brownmillerite type oxide promoter and fluorite cubic ZrO2 in anode of intermediate temperature SOFCs」

全著者:Shigeharu ITO, Toshiyuki Mori, Akira Suzuki, Hiroshi Okubo, Shunya Yamamoto, Takaya Sato, Fei Ye

URL  https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsaem.9b00864
    (外部サイトへ)

 SOFCは900~1000℃と高温作動であり、数ある燃料電池の中でも発電効率が最も高いなど多くの長所を持っている。最近では、ステンレスインターコネクターの使用が可能な中温(700℃)作動SOFCの研究開発が盛んに行われている。中温作動を可能にするため固体電解質の薄膜化について多く研究されている。

 薄膜デバイス化研究では、アノード支持薄膜デバイス化が検討されている。アノード支持薄膜デバイスはアノード支持体の厚みが0.7mm程と厚くなるため電池の内部抵抗が高くなるが、NiOとYSZの最適組成を選ぶことで、活性サイト(三相界面)を、厚いアノード層内に増やすことができる。しかし、10時間以上の運転で性能低下と、水素還元による急激な性能回復が繰りかえしおこり、大きく性能が低下する。薄膜デバイス研究の場合において、性能と安定性の間のトレードオフの問題が生じる。本研究ではオリジナルの酸化物を反応活性助触媒として活用し、アノード反応高活性化・発電性能の革新的向上・性能安定性の飛躍的改善を目的とし行っており、このような取り組みを行うことで「革新的高性能と高い安定性を両立」した社会実装を目指した中温作動型安定化ジルコニア系燃料電池の創製を目指している。